花粉症の対策薬ランキング3選!2016年の最新の情報をお届け!

花粉

毎年花粉症で悩んでいる方の多くは、今年の花粉症のためにどんな薬を飲んだらいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

花粉症の症状で悩んでいるのならば、まず花粉症なのかどうかや何に対してのアレルギーが出ているのかを、病院で調べてから薬を選ぶべきです。

とは言ってもとかく忙しい現代人なので、市販されている薬でもいいから頼りたいと思ってしまうものなのかもしれません。

そこで今回は、市販されている処方薬の花粉症対策の薬の、2016年のおすすめをランキング形式でご紹介いたします。

花粉症の対策にピッタリな薬ランキング!

今回はすでに市販されている花粉症の薬の中で、病院でも処方してもらえる薬の中でのランキングとさせていただきます。

 

第1位 アレロック

アレロックは2016年に販売されている花粉症の薬の中でも、一番効果が高いと言われている薬です。

処方薬の中でも素早く効きはじめ、花粉症の嫌なくしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を抑えてくれるお薬なのです。

ただし、とても効果が高いのですが、眠くなるという副作用があるのも事実ですので、眠くなったら横になれる環境にいる事をおすすめします。

まれに強い副作用があると言われていますが、今現在では副作用によって何かがあった、という報告は無いようなので安心して飲んで大丈夫でしょう。

ですが長期的に飲みたいという場合には、やはり医師に相談をして飲んでいいか悪いかを判断してもらった方がいいでしょう。












第2位 ジルテック

ジルテックは高い効果を持っている花粉症の薬です。

ジルテックというとそんな市販薬あったっけ? となりそうですが、コンタック鼻炎ZとストナリニZという二つの名前で販売されています。

素早く花粉症によるくしゃみ、鼻水、鼻づまりを改善してくれるという特徴を持っていて、早く辛い症状から解放されたいという場合にはピッタリな市販薬だと言えるでしょう。

ただし、その反面で眠くなるという特性もありますので、眠くなったら困るような時は、使用を控えた方がいいと言えるでしょう。

例えば車の運転をしなくてはならないといった場合や、勉強をしなくてはならないという場合にも、飲まない方がいいでしょう。

一次的な花粉症の症状を抑えるために使うのなら市販薬でいいでしょうが、もし長期的に症状を抑えたいという場合には、病院でジルテックを処方してもらった方がいいですね。

 

第3位 アレジオン

アレジオンはこれまでは処方薬として使用できていましたが、今では市販薬として認められている薬なので、どなたでも手に入れる事ができる薬になりました。

この薬は花粉症のくしゃみや鼻水や鼻づまりといった嫌な症状を改善してくれるお薬なのですが、眠くなりにくいという成分なので、眠くなったらまずいという方におすすめです。

アレジオンは1日に1回飲めば効果が持続してくれるので、朝飲む癖をつければ飲み逃す事がなくていいですね!

この薬がおすすめの理由は他にもあって、実はこのアレジオンという薬は、眠くなりにくい成分で作られているので、飲んで急激な眠気に襲われる事はありません。

薬価も安くなっているのでいいのですが、短期間の治療の場合には市販薬でいいでしょうが、長期的に薬を飲むという場合には高くついてしまう事が多いのです。

なのでもしも長期的に飲む予定がある場合には、病院でアレジオンを処方すれば大丈夫です!

最後に、2016年の花粉症を説明している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ