花粉症に効くお茶『ハーブティー』の種類を4つ紹介!飲み方も!

お茶

花粉症の時期に薬を飲んで症状を改善するのもいいかもしれませんが、必要以上に眠くなってしまうなどの副作用が気になる方もいるでしょう。

そんな場合には他の方法でアレルギー反応を鎮めるしか方法がありませんよね!

そこで今回は最近注目を集めている、お茶を使っての抗アレルギーのおすすめとして、ハーブティーと飲み方についてを簡単に説明していきたいと思います。

花粉症を薬を飲まずに改善するには?

まず考えなくてはならないのは、アレルギー体質をどうやって改善すればいいのか? という点だと思うのです。

薬を使わない場合には免疫力を高めるしかありません。

ちなみにただ免疫を高めるだけでは花粉症の症状を防ぐ事はできませんので、その他にも抗アレルギーができる成分を含むハーブなどをご紹介していきます。

ハーブはお茶に混ぜて抽出し、それを飲み続ける事によって自分の免疫力やアレルギーをコントロールしていくのです。

 

ミント(ミントティー)

ミントは皆さんご存知のように、鼻づまりにとても効果のあるハーブで、ガムや雨などにもよく使われている馴染みのあるハーブですね。

ミントはどのようにすればいいのかというと、ミントティーとして抽出して飲み、鼻づまりの改善を手助けしてくれるというわけです。

飲み方は簡単です!

最近はミントティーとしてブレンド済みのものが販売しているので、ブレンド済みのお茶を抽出してもいいでしょう。

最も簡単で最も手に入れやすいハーブなのかもしれません。












ネトル

ネトルというハーブが花粉症におすすめなのは、昔から体内の老廃物を取り除き、血液を浄化させる働きがあると言われているからです。

しかもアレルギー性鼻炎や花粉症といったアレルギーによる症状を、改善していくだけではなく、予防までしてくれるおすすめのハーブなのです。

ネトルティーもティーバッグになって販売されていますが、一般的なスーパーなどでは販売していませんので、ネットなどでハーブ専門店から購入します。

ご近所の漢方薬のお店でも花粉症の時期には販売しているかもしれません。

 

エキネシア

エキネシアなんて聞いた事が無い! と答える方の方が断然多いでしょうが、実はこのエキネシアというハーブは、抗アレルギー作用と免疫促進の働きがあるハーブなのです。

どちらかというと食事中に飲むのがおすすめのお茶ですが、他のお茶とブレンドをすれば憩いのひと時などに飲めるお茶としてもおすすめです。

一番簡単なブレンドとしては紅茶にブレンドをするのが早いですが、カフェインが気になるという場合には、ローズマリーを同量いれて抽出するといいでしょう。

 

ハーブティーは手に入れるのが大変!そんな時はこちらがおすすめ

ハーブティーの中には花粉症に効果があるものもありますが、何しろ手に入れるのが大変ですよね。

これが良いと聞いていても、なかなか思うようにはいかないもので、特に抽出して飲まなくてはならないという点で、すでに時間がもったいないと感じる人もいるかもしれませんね。

そこで提案ですが、抗アレルギー作用があって健康維持のために免疫力をアップしたいのならば、手ごろに飲める日本茶がおすすめです。

ハーブティーみたいな華やかさには欠けますが、日本茶にはハーブティーよりも優れた効果があるものなのです。

中でも粉末になっていて、緑茶の全ての栄養を取り入れる事ができる「白井田七。茶」がおすすめです!

飲み続けるのならば、簡単で手軽に毎日飲めた方がいいですよね!

実際に飲んでみたので詳しい事はこちら↓からご覧ください!

『花粉症対策にお茶なら『白井田七。茶』がおすすめ!その驚くべき5つの効果とは!?』

 










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ