風邪で喉が腫れた!咳も出る!薬は何がおすすめ?

飲み薬

家族が風邪をひいてしまうとお母さんは本当に大変ですね。

早く治療をしてあげたい、症状を改善してあげたいと思っていても、どうやったらいいのかがなかなかわかりません。

病院に行けば一番いいのでしょうが、風邪といっても喉が腫れたとか咳が出てきたといった初期症状の場合には、自宅で何とか改善してあげようと思うものです。

そこで今回は風邪の喉や咳の症状に効果があるという薬をいくつかご紹介したいと思います。

風邪の症状が出る順番を考えよう!

まずは風邪の症状についてですが、風邪をひいてしまった時に症状が出てくる順番というのがあるのでしょうか?

調べてみると、風邪の症状の出方や順番というのは特に決まっているものではないようです。

風邪のウィルスが入り込んで増殖した時に、その人の一番弱い部分から症状が出るから個人差が出るのだと言われているようです。

例えば喉に症状が出てくる風邪の場合は、喉に症状が出やすい体質だったからだそうで、喉に血液が集中して炎症を起こすからなのだそうです。

そうすると、喉の腫れや痛みとして症状が出てくるというわけですね。

喉の場合には声が出なくなったり喉が腫れてしまったり、場合によっては扁桃腺が腫れてしまい高熱が出る事だってあるかもしれません。

では咳の場合はどうなのでしょうか?

 

咳の症状が出た場合にはどこで増殖をしたのか?

咳が出てくる場合には、気管支が弱くてその部分で炎症が起きたために、ウイルスを排除しようと咳などの症状が強く出るのと、乾燥や痰がからんだりして咳が出るのだそうです。

となると、咳の症状には咳に効く薬を飲んだほうが良いという事になるわけですね。

では、具体的にどのような薬を飲んだら良いのでしょうか?

調べてみましたので参考にしていただけると幸いです。

 

喉と咳に効く薬の人気ランキング

世の中には色々なランキングがあって、どれにしたらいいのか迷った時にたよりになるものですが、風邪薬にも実は人気ランキングがあるのです。

ただしランキングで上位だからといっても簡単にそれを飲むのではなく、本当に自分に合っているのかどうかを確かめながら薬は選びましょう。

ちなみに喉と咳の両方に効果がある感冒薬をご紹介したいと思います。

 

パブロンゴールドA錠(大正製薬)

皆さんご存知のパブロンゴールドA錠は、やはり総合感冒薬の中では売上が上位のようですね。

このお薬の成分は、

  • 「アセトアミノフェン」
  • 「ジヒドロコデインリン酸塩」
  • 「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」
  • 「グアイフェネシン」
  • 「リゾチーム塩酸塩」
  • 「マレイン酸カルビノキサミン」
  • 「無水カフェイン」
  • 「ビスイブチアミン(ビタミンB1誘導体)」
  • 「リボフラビン(ビタミンB2)」

ジヒドロコデインリン酸塩という成分が実は咳に効果があり、アセトアミノフェンが喉の痛みに効果があります。

一家に一つ用意しておくといいでしょう。












エスタックイブファイン(エスエス製薬)

エスタックイブファインもとても有名な総合感冒薬です。

成分は、

  • 「イブプロフェン」
  • 「アンブロキソール塩酸塩」
  • 「ジヒドロコデインリン酸塩」
  • 「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」
  • 「クロルフェニラミンマレイン酸塩」
  • 「無水カフェイン」
  • 「アスコルビン酸(ビタミンC)」
  • 「チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩)」
  • 「添加物」

咳に効果があるのはジヒドロコデインリン酸塩、喉の腫れや痛みにはイブプロフェンが効果を発揮してくれます。

こちらも人気が高いお薬なのでひとつ用意しておくといいかもしれません。

 

ユリアン総合かぜ薬(中外医薬生産)

ユリアン総合かぜ薬はあまり聞かない名前かもしれませんが、咳にも喉の痛みにも効果を発揮してくれる薬として人気が高いお薬です。

成分は、

  • 「アセトアミノフェン」
  • 「エテンザミド」
  • 「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」
  • 「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」
  • 「無水カフェイン」

アセトアミノフェンとエテンザミドが喉の腫れや痛みを緩和し、dl-メチルエフェドリン塩酸塩が席を鎮めて痰が出にくくする成分です。

眠くならないので、運転をする方や機械をいじる仕事の方におすすめです。

 

ヒストミンエース錠ハイ(小林薬品工業)

こちらのお薬も総合感冒薬としては人気が高いお薬です。

喉や咳を鎮めるだけではなく、他の諸症状にも効果を発揮してくれるのでお勧めです。

成分は、

  • 「イブプロフェン」
  • 「ブロムヘキシン塩酸塩」
  • 「クレマスチンフマル酸塩」
  • 「リゾチーム塩酸塩 」
  • 「ジヒドロコデインリン酸塩」
  • 「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」
  • 「無水カフェイン」
  • 「カンゾウ乾燥エキス」
  • 「チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩)」
  • 「リボフラビン(ビタミンB2) 」
  • 「添加物」

喉に効果があると言われているのはブロムヘキシン塩酸塩とリゾチーム塩酸塩、そして咳にはdl-メチルエフェドリン塩酸塩とジヒドロコデインリン酸塩が効果があると言われています。

ヒストミンエース錠ハイは、それぞれの症状にダブルで効果があるように作られていますので、早く改善したいと思ったらヒストミンエース錠がお勧めかもしれません。

 

栄養をとって疲れを癒やす事も忘れずに

いかがでしたか?

風邪による喉の痛みや咳の初期症状に効果を発揮してくれる薬をご紹介いたしました。

どんなお薬でも早めに飲めば効果は期待できるかもしれませんが、ウィルスに対抗するためにも栄養のある食事をとりましょう。

そして疲れを癒やすためにもたっぷりと睡眠をとる事も忘れてはいけません。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ