風邪で喉の痛みが!治し方を紹介!薬は何がおすすめ?

飲み薬

風邪で喉の痛みを感じると、食事をする事も難しくなってしまうので、誰でもこの症状が出たら早く治したいと思うはずです。

実は、風邪で喉の痛みがある時の治し方というのは、うがいや薬を飲む事によって改善される事が多いと言われています。

そこで、風邪による喉の痛みを治療するための市販薬と副作用の有無に関した情報をご紹介したいと思います。

喉の痛みに効果的な成分とは?

まずは、風邪による喉の痛みに効くと言われている成分についてを簡単に説明いたします。

  • トラネキサム酸
  • カンゾウエキス
  • イブプロフェン
  • アセトアミノフェン

これらの成分の入った市販薬を購入すれば、喉の痛みを改善できるという事になるのではないでしょうか。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、喉の腫れと痛みに効果があると言われる成分です。

簡単に説明すると、トラネキサム酸は血液の凝固を妨げる働きのあるプラスミンというのを押さえる働きがあります。

喉の痛みでは抗炎症作用のために配合される事になりますが、副作用が気になる方は医師に相談をしてから使った方がいいでしょう。

 

カンゾウエキス

カンゾウエキスも喉の痛みを和らげる働きを持っている成分で、漢方薬として昔から使われているという薬です。

つまりカンゾウエキスは喉の痛みの治し方としては最も古い治し方の一つだと言えるのではないでしょうか。

 

イブプロフェン

イブプロフェンは、解熱鎮痛作用がある成分で、喉の痛みの治し方としては有効な方法であると言えます。

このイブプロフェンという成分は、痛みそして熱が出る原因とされているプロスタグランジンが体内で合成されるのを抑える働きがあります。

なので、喉の痛みがある場合にイブプロフェンの配合されている薬を飲む事はとても良い事なのです。

 

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンも解熱鎮痛成分です。

特に体温の調節をしたり、痛みを感じる神経に優れた作用をしてくれます。

そのため解熱と鎮痛の二つの働きがあるわけです!

ちなみに、アセトアミノフェンは小児用風邪薬などにもよく使われている成分です。












喉の痛みによく効くと言われている市販薬

まずは、誰にでも薬局などで手に入れられる市販薬の中で、風邪による喉の痛みに特化した薬をご紹介いたします。

 

エスタックのどスプレーA

喉の痛みの治し方は薬を飲む事も重要ですが、喉に直接塗ったりスプレーしたりする治し方の方が確実に効果を発揮してくれます。

エスタックのどスプレーAは、ジェル状の液がのどの炎症の部分にぴったりと張り付いて、効果的に喉の痛みと腫れなどを改善してくれます。

ヨードが含まれていないのでヨードアレルギーの方でも使えるのが嬉しいですね。

 

ペラックT錠

やはり堂々のランク上位にいる事もあって、ペラックT錠は喉の痛みにはピッタリの薬であると言えるかもしれません。

飲み薬なので飲んで速攻で効果が出るというものではありませんが、前日に飲んで眠る事によって確実に効果を発揮してくれるので人気が高くお勧めです。

 

桔梗湯

喉の痛みにはこの漢方薬が一番良いと言われていますよね。

漢方薬なので比較的安心して使う事ができるので人気なのでしょう。

実はこの桔梗湯は龍角散よりもかなり効果が高い事で知られていて、愛用者がたくさんいるものなのです!

漢方薬の方が安心できるという方は、一度使ってみてもいいかもしれません。

 

プロポリススプレー(森川健康堂)

妊婦さんでも小さなお子さんでも使う事ができると言われているので、プロポリススプレーはいざという時におすすめです。

プロポリスは高い殺菌作用があるので、一つご家庭で持っているといいかもしれません。

声枯れにもとても効果が高いと言われているのでいいですよね。

 

市販薬で心配なのは副作用の問題ですが

市販薬を飲む事によって副作用が心配という方も多いようですが、市販薬についての副作用は成分に対してのアレルギーが無ければそれほど心配はいらないと言います。

というのも、病院で処方されている薬のような強いものではないからで、むしろ心配するのならば副作用よりも飲み合わせや時間でしょう。

もしも劇薬になってしまうものを同時に飲んでしまったり、時間をあけないで飲んでしまったりした場合、別の意味で怖いですよね。

なので、風邪薬と頭痛薬を一緒に飲んでしまったりする事がないように注意した方がいいでしょう。

もしも薬の事が心配であれば、迷っていないで調剤薬局などに行って相談をしてみると安心できるのではないでしょうか










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ