風邪で喉の痛みが!治し方を紹介!食事で気をつけることは?

喉風邪

風邪をひいてしまうと色々な症状が出てきますが、中でも喉の痛みという症状が出てしまうと、飲み物を飲むのも大変なのでできるだけ早く治したいものですよね。

今回は、風邪による喉の痛みによく効くと言われている食品と、その食品を使った食事のメニューなどについても少しご紹介してみたいと思います。

風邪の喉の痛みに効く食品

まずは食事での喉の痛みの治し方のご紹介をしたいと思いますが、その前に喉の痛みに効果があると言われている食材を調べてみましょう。

 

抗菌作用がある食材

はちみつ

はちみつは抗菌作用がありますので、喉の痛みを改善したいという方にはお勧めです。

その中でも、マヌカハニーはひとさじ舐めただけで、半日程度喉の痛みを抑える事ができたという報告もありますので期待できますね。

はちみつを使った食事というのはムリかもしれませんが、デザートや飲み物として飲むという治し方が一般的です。

 

ネギ

ネギも抗菌作用が高いと言われている食材で、昔から風邪をひいたらネギを焼いて喉に巻くという治し方が有名ですよね。

でもその治し方は残念ながら根拠が無いなどと言われているので、できればネギは食事に入れて食べるといいでしょう。

 

殺菌作用がある食材

生姜

生姜は殺菌作用があると言われていて、お寿司屋さんなどでガリとして昔から利用されていますよね。

生姜を使った食事はたくさんありますが、温かい生姜湯を作ってはちみつを入れてみるといいでしょう。

抗菌作用と殺菌作用があるので喉の痛みの治し方(和らげる方法)としてはかなり期待が持てそうです。












れんこん

れんこんはお勧めの食材で、殺菌作用があるだけではなく炎症を抑えてくれる働きもある食材なのだそうです。

れんこんは食事でとってもいいですが、ホットジンジャエールを作った時に、れんこんの絞り汁をくわえて飲むといいですね。

 

大根

大根も昔から喉の痛みの治し方としては有名ですが、その最大の理由はビタミンCが豊富だという事です。

そしてやはり抗炎症作用があるとして知られているので、大根おろしをたっぷりと使った鍋やうどんなどがお勧めです。

 

喉の痛みに効く食事メニュー

それではこれらの食材を上手に使った食事メニューをご紹介したいと思います。

まず喉の痛みには硬いものは避けて柔らかいものがお勧めなので、うどんをよく煮込んでそこに大根おろしをいれてネギをたっぷりと入れるだけです。

そこに溶き卵を入れてふんわりさせると美味しいです!

大根とネギと卵の効果で喉の痛みも和らいでくるのではないでしょうか。

 

溶き卵とネギとニラの雑炊

こちらもとても簡単なメニューです。

雑炊を作りその中に溶き卵を入れて細かく刻んだ生姜を入れます。

ニラとネギを切って入れて出来上がり!

体力が無いという時にピッタリなのでぜひ試してみてくださいね。

 

あとがき

いかがでしたか?

風邪で喉の痛みがひどい時の治し方は、食事でも十分に対応する事ができたのだという事がわかりましたね。

ですが、もしも2週間経っても症状の改善がみられなかったり、高熱が何日も続いてしまったりした場合には、自宅での治し方などと言っている場合ではなく、病院に行くという選択をするべきではないでしょうか。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ