風邪で喉の痛みが!治し方を紹介!妊娠中に気をつけることは?

妊娠中

喉の痛みを感じると「風邪をひいた」と思うものですよね。

普通の状態だったら別に何も考えずに薬を飲んでしまうかもしれませんが、妊娠中だとそうはいきませんよね。

そこで、今回は妊娠中に感じる風邪の症状、喉の痛みがあるときの治し方についてをご紹介いたします。

妊娠中は比較的強いはずですが……

皆さんはご存知かもしれませんが、妊娠中のお母さんの身体というのは普段よりも白血球が多くなっているので、風邪など病気にはかかりにくくなっているものだといいます。

それは母子共に嬉しい事なのかもしれませんが、同時に普段は感じない身体の重みや、赤ちゃんに圧迫されて内蔵が疲れやすくなっていると言います。

それと毎日の疲れや不安などが重なると、風邪をひいたり体調を崩しやすくなってしまうものなのでしょう。

そんな時に油断してしまったりすると、風邪をひいてしまったりする事になるわけです。

 

妊娠中の風邪に薬は禁物!

妊娠中には胎児に影響をするような事は避けたいと思うものですから、風邪をひいて喉の痛みがあったとしても、簡単に薬を飲もうと思うお母さんはいないはずです。

それはどうしてなのかというと、もしも自分が不用意に薬を飲んでしまう事で赤ちゃんにもしもの事があったらどうしよう!と思うからです。

我が子を守るために時として母は自分が楽になる事よりも、お腹の子供を優先したいと考えるものですよね。

例えば医者が「この薬は大丈夫」と言ったとしても、その薬を飲もうかどうか迷ってしまう、というお母さんも少なくはないと思うのです。

ちなみに現代では胎児に影響を及ぼす時期について、病院によっては説明してくれる事があるので、やたらと心配しすぎてしまったり、飲んだほうがいいと言われている薬はしっかり飲むべきです。

 

妊娠中の風邪の症状にはこれ!

風邪で喉の痛みがある時、妊娠中の場合は薬を飲む事よりも免疫力を高める事を考えた方がいいでしょう。

まずは喉に良いと言われる食べ物を食べて、予防や改善をするといいでしょう。












大根シロップ

大根を1cm角に切ってはちみつに漬けて2時間以上漬けたら飲んで大丈夫です。

ゆずを絞って大根の臭いを消すと飲みやすくなるかもしれません。

ゆずにはビタミンCが豊富ですのでおすすめです。

 

お茶と塩でうがい

お茶には殺菌作用があるカテキンが含まれています。

風邪による喉の痛みがある場合には、喉を乾燥させないためにもうがいを頻繁にします。

この時に緑茶に塩をひとつまみ入れてうがいをするようにしましょう。

 

ニラ、ネギ、卵で煮込みうどん

ニラやネギそして卵には喉の痛みにとても効く成分が含まれています。

なのでうどんを煮込んでニラやネギや卵を入れて作ります。

とても温まり免疫力もアップしますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

部屋の乾燥を防ぐ必要がある

喉の痛みの治し方というのは簡単そうで難しいものだと考えていませんか?

ですが、そんなに難しい事ではないのです。

保湿をして免疫力を高める食べ物を食べる!そしてよく眠るだけでいいのです。

もしも、もうひと声効果のあるものが欲しいという方は、プロポリススプレーを使ってみてはいかがでしょうか。

森川健康堂のプロポリススプレーは妊婦さんでも安心して使う事ができる喉スプレーです。

小さなお子さんから妊娠中のママ、お年寄りまで使うことができるので、一つ用意しておいてもいいかもしれませんね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ