妊婦が風邪で熱が下がらない!そんな時どうすれば!?

妊娠中妊婦はお腹に赤ちゃんがいるので健康管理には気を付けなくてはなりません。

ところがいくら気を付けていても、妊娠中の妊婦の免疫力は妊娠する前よりも下がっているため、どうしても風邪をひいてしまいやすいのです。

もしも妊婦が風邪をひいて熱が下がらないとしたら、その時はどうすればいいのかわかりますか?

簡単に説明いたしましょう。

妊婦はどうして風邪をひきやすいのでしょうか?

妊婦が風邪をひきやすい理由は、免疫力が下がってしまうからだと言われているようです。

確かに免疫力は下がってしまうかもしれませんが、うがいや手洗いを徹底していれば風邪をひく確率は低くなりますよね。

ですが他の家族が風邪をひいて、その風邪がうつってしまう事ってあります。

もしも熱が下がらない場合には次の事に気を付けるといいでしょう。

 

まずは病院で風邪かどうかを確認する事!

妊婦という事はお腹には大切な赤ちゃんがいるという事ですから、熱が下がらないと何か影響が起こるのではないかと不安になります。

確かに不安になるかもしれませんが、熱が出てお腹の赤ちゃんに影響があるのかといえば、実はそんなに心配する事はないのだそうです。

だからといって放置していたら、お母さんの体力を奪う事になりますので、早めに熱を下げる努力をする必要があるでしょう。

まずは病院に行って、本当に風邪による熱なのかどうかを、しっかりと調べてもらうといいですね。

 

自宅でできる熱に対する対処をしましょう!

なぜ妊婦の熱は下げなくてはならないのかは、お話しした通り体力を奪われてしまう可能性があるからです。

ですが他にも理由があって、体力が奪われてしまうと食欲もなくなりますので、出産をする段階になって大変な苦労をする事になりかねないのです。

出産は女性にとって人生で一番大変な作業ですから、その時までに完璧な体調と体力を温存する必要があるのです。

では簡単にできる対処法をご紹介いたします。












熱を下げるために頭部や首のあたりを冷やしてあげる

首はさすがにひやっとしてしまうかもしれませんが、太い血管を冷やす事によって熱が下がってくると考えられます。

ところで高熱が続くと脳に問題が起こりそうな気がして怖いという方もいるかもしれませんが、ウイルスをやっつけるための反応なので、測定不能なくらい高熱が続いて意識が無いなどの重症でなければ経過観察しましょう。

熱が出ている間は暖かい布団で体を温めておく必要があるなどと言いますが、それでは不快で体を休めるどころではなくなってしまうかもしれませんよね。

なのでできたら手足だけは外に出しておいて、できるだけ過ごしやすくする努力をしてもいいでしょう。

適度な湿度や空気の入れ替えなどをする必要もあります。

締め切った状態の部屋の中には、無数のウイルスが蔓延してしまっていますので、それを換気して外に出してあげるのです。

 

水分の補給はしっかりとしましょう!

熱があると健康な大人でも大量の汗が出るものなので、水分の補給をしっかりとしなくてはなりません。

熱が高く下がらない時には、急激に水分を補給すると胃がびっくりしてしまい、吐き出してしまう事もあるようです。

なので水分を補給する時にはがぶ飲みをせずに、少しずつ補給し続ける事がいいでしょう。

臨月に近ければ近いほど急激に飲んだり食べたりするのは辛いですので、食べ方や飲み方には十分に注意して、できれば消化がいいものを中心に、バランスよく食べるといいでしょう。

 

薬が欲しいのならば漢方薬があるか聞いてみるべきです

例えば妊娠初期や中期くらいだった場合には、漢方薬であっても怖くて飲みたくありませんよね。

ですが妊娠後期になっていれば、飲めるようになる漢方薬だってあるので、どうしても熱が下がらない時には病院で聞いてみるべきです。

赤ちゃんのためにも早く熱を下げて、元気なお母さんに戻ってあげる事が、赤ちゃんにとって一番幸せを感じるのではないでしょうか。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ