子供の鼻風邪が治らない!そんな時どうすれば!?

子供の鼻風邪が治らない!そんな時どうすれば!?

大人だって鼻風邪をひいてしまったら辛いですよね。

皆さんご存知のことと思いますが、鼻風邪というのは風邪の症状の第一段階と考える人がとても多いようですね。

確かに鼻風邪は初期症状だと考えられなくもありませんが、鼻の粘膜からウイルスが侵入した事を考えると、すでにそれは初期症状ではなく立派な風邪の症状だと言えるのではないでしょうか。

今回は、子供が鼻風邪をひいてしまった時にどのように対処すればいいのかや、鼻風邪が治らないでひどくなってしまったりした場合はどうすればいいのかを考えてみましょう。

子供の鼻風邪は初期の段階が重要

子供でも大人でも鼻風邪はをひいてしまった原因は、鼻の粘膜が傷ついているからだと言えるかもしれません。

冬場は空気が乾燥しているので、どうしても鼻の粘膜が乾燥によって荒れてしまいやすくなるのだそうで、その結果その荒れた粘膜からウイルスが侵入してしまうと、鼻風邪の症状が出てくるというわけなのですね。

ちなみに鼻風邪の諸症状は、侵入してきたウイルスを外へ排除しようとするためのもので、くしゃみや鼻水や鼻づまりで対処しようとしているのだそうです。

くしゃみが出るのに咳が出ない事が多いのは、鼻風邪と咳の風邪の感染経路や炎症を起こしている部分が違うからだと言えるのかもしれません。

鼻風邪の症状とは?

鼻風邪の症状がどうして出るのかというと、ウィルスが体内に入ってきたために、鼻水が出てウィルスを外に出そうとしたりするから鼻水が出てくるのだそうです。

そして鼻づまりが起こる原因は、ウイルスがそれ以上侵入してくるのを防ぐためで、鼻の粘膜の血流を防ぐ事によってウイルスが侵入してこないようにするのですね。

くしゃみが出るのも鼻から侵入してきたウイルスを、対外に出そうとする防衛システムが働いているからだと言われているのです。

このように、鼻風邪の症状がどうして起こるのかは、ウイルスを外に出すためだけに起こっている症状だという事が理解できます。












市販の薬の効果について

風邪をひいてしまったら、たいていの人は薬局などへ行って、鼻風邪専用のお薬を購入してくると思うのですが、鼻風邪の症状が止めるのは意外と難しかったりしますよね。

鼻炎などを持っている場合には鼻炎カプセルなどを飲むことによって改善されていくと思うのですが、鼻風邪の場合はウィルスによるものなのであまり効果がないからなのだそうです。

ちなみに、鼻水はウィルスを排除しようとして出るので、本当は薬などを飲まない方が良いと言われています。

なるべく食事などで免疫力を上げるなどをした方が、風邪の症状を改善していくことができると言えるのかもしれませんね。

それでも治らない場合には病院へ

もしも市販薬を飲んでも美味しい食事をとっていたとしても、病状が悪化していくようであれば、迷わずに総合病院や耳鼻科などを受診しましょう。

もしかしたら鼻風邪ではない他の病気である可能性だって捨てきれないからですが、その時には耳鼻科に連れていってあげる方が、より確実になんの病気なのかや治療法を知る事ができるはずです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ