子供が中耳炎で熱が上がったり下がったり…どう対処すればいい?

子供が中耳炎で熱が上がったり下がったり…どう対処すればいい?

小さな子供の中には風邪をひくと中耳炎になってしまう子がいますよね?

中耳炎になると熱が上がったり下がったりします。

そんな時、どうしたらいいのかわからない事ってありますよね。

そこで今回は、中耳炎による熱が上がったり下がったりする原因と、対処法についてを簡単に説明したいと思います。

どうして子供は中耳炎になりやすいのか?

まずは子供が中耳炎になりやすいのはどうしてなのか、原因について簡単にお話ししたいと思います。

中耳炎というのは、耳の中耳という部分に炎症が起こっている状態の事を言い、痛みや熱を伴い耳付近が腫れて膨らんでしまう事もあるようです。

中耳炎になると1週間くらいで症状はいったん収まるのですが、完璧に治るまでには時間がかかると言われています。

その間に熱が上がったり下がったりするので、かなり厄介な病気であると言えるのではないでしょうか。

なぜ中耳炎になるのか原因を説明すると、風邪などの菌が中耳に入る事で中耳炎が起こるのです!

中耳炎を発症しやすいのは何歳までの子供なのか?

子供は生まれてから大人になるまでの間に、徐々に体の器官が大人と同じ形に成長していくものです。

特に子供の頃というのは、耳の内部は大人とは違ってストレート状なので、どうしても風邪をひいてしまうと菌が中耳に侵入しやすいのです。

ちなみにこの器官が大人と同じくらいの形になるのが10歳くらいだと言われています。

つまり赤ちゃんの頃から10歳の頃までは、風邪をひいたら中耳炎になる可能性があるという事になるわけです。

では次に熱が上がったり下がったりした場合の対処についてをお話ししましょう。












中耳炎の熱が上がったり下がったりしたらどうする?

急性であっても中耳炎というのはゆっくりと治っていくものですので、頻繁に熱が上がったり下がったりするものなのです。

中耳の炎症を治療する事ができれば、熱が上がったり下がったりする事もなくなるわけです。

そのためにはまず、病院に行って中耳炎の治療をする必要がありますので、できるだけ早く病院に行ってお薬を処方してもらいましょう。

炎症のおかげで出てしまった膿みが抜けきらなければ熱が下がる事はありませんし、さらに下手をすると耳の聞こえが悪くなる可能性もあります。

鼻水を出してあげる事が重要です!

早く改善するためには中耳炎によって出た症状を、少しずつ取り除いてあげる事が必要になると言われています。

例えば鼻水が多い時は、鼻水を出してあげるようにしなくてはなりませんので、鼻水を吸い出す器具を購入しておくといいかもしれません。

実は中耳炎は鼻の通りを改善すると、早く治ってくれるという特徴があるのです!

病院では抗生物質などを出してくれる事もあるようですが、それは耳の周辺の腫れがひどい時に処方していただけるようです。

とにかく、まずは風邪を早く治す事と、みみだれは耳の外側だけをふき取る事、そして鼻水を出してあげる事が重要です。

最後に、中耳炎について説明している動画を見つけたので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ