赤ちゃんにあせも(汗疹)が!頭にできたときの治し方を紹介!

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんは小さいせいで大量に汗をかきます。

大人がちょっと暑いなと感じる頃にはまるで水をかぶったくらいにびしょびしょになってしまうものなのです。

それがわかっているからお母さんは赤ちゃんの汗を拭いてあげるのですが、頭はそう簡単に拭いてあげる事ができませんよね。

これが原因で赤ちゃんの頭にはあせもができやすいのです。

今回は赤ちゃんの頭に出てくるあせもの治し方についてをお話したいと思います。

赤ちゃんの頭は汗をたくさんかく

出産をした方なら皆さんご存知と思うのですが、赤ちゃんの頭皮というのはとにかく色々な肌トラブルが起こりやすいですよね。

これは赤ちゃんの皮膚が新陳代謝が活発だからだといわれていますが、実はあせももとてもできやすいのが赤ちゃんの特徴なのです。

赤ちゃんの頭皮には大人と同じだけの汗腺がありますから、同じように汗をかくにしても面積に対しての汗腺の密度が違うので、びっしょりになってしまいます。

拭いてあげる事が難しいのであせもになりやすいのです。

 

赤ちゃんの頭にあせもができてしまったら

赤ちゃんの頭のあせもは早く治してあげないと眠る事も難しくなってしまうので、できるだけ早く治してあげる必要があります。

頭にあせもができてしまうと赤ちゃんはかなり不快な思いをしなくてはなりませんので、痒みを取り除いてあげる必要がありますよね。

あせもが頭にできた赤ちゃんは眠る前などにぐずる事が多いはずです。

それもあせもが体温の上昇によって痒くなってしまうからで、これを何とかしてあげるためには薬を塗るのもひとつの手段でしょう。

ただし頭に塗るお薬は普段使っているあせものお薬ではない方が安全かもしれません。












赤ちゃんの頭に塗るあせもの薬とは

代表的なあせものお薬でおすすめなのは

  • ポリベビー
  • ムヒベビー
  • 桃の葉エキス入りローション

 

などですよね。

これらは頭皮に塗っても特に問題はないのかもしれませんがやっぱり心配です。

頭皮というのは身体の皮膚に比べると毛穴が大きい事で知られています。

赤ちゃんもこれは同じで、身体よりも頭皮の方が毛穴が大きいので、そこから薬の成分が入り込んでしまう確率が非常に高いのです。

この事から頭皮に塗りすぎてはいけないという薬もあるので、頭皮に塗っても問題が無いかどうかをちゃんとに医師に聞いてからの方がいいでしょう。

 

あせもができないようにする事も重要

赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいですから、あせもの原因となる事を改善するのも重要なポイントですよね。

服は通気性の高いもので吸水性が良いものがいいですし、さらには汗をかきにくい室温に保つという事も必要でしょう。

それでも動き回る赤ちゃんは汗をかいてしまうので、こまめに汗を拭き取ってあげる事も必要なのです。

これらの事に注意してお手入れをしてあげれば、赤ちゃんの頭にできたあせもも少しずつ改善していく事でしょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ