赤ちゃんが鼻風邪に!?耳鼻科・小児科どっちに行けばいい?

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんが鼻風邪になってしまったらかわいそう……

いくら気をつけていてあげても、赤ちゃんにも体調というものがありますから、免疫が下がった時に鼻風邪をひく事もあります。

でも、もしも赤ちゃんが鼻風邪になってしまったら、どうすればいいのかわかりませんよね?

何しろ赤ちゃんは自分の口で「辛い」という事を話す事はできないからです。

では、赤ちゃんが鼻風邪をひいてしまったらどうすればいいのか?

病院に連れて行くとしたら耳鼻科と小児科とどちらに行ったらいいのかをお話しましょう。

赤ちゃんの鼻風邪!耳鼻科に行く?小児科に行く?

お母さんが一番悩むのが、病院に行く時にどこの病院に行けばいいのかという事ではないでしょうか。

その代表的なのが、鼻風邪をひいた時には耳鼻科なのか小児科なのかという事ですよね?

特に赤ちゃんだと小児科に行った方が良いように感じるものです。

でも、よく考えてみると鼻風邪の症状は風邪の中でも鼻に症状が出てくるものなので、耳鼻科の方がより鼻水や鼻づまりなどの症状を改善する事ができるかもしれません。

ただ、出ている症状が鼻水やくしゃみ、鼻づまり以外の症状が出ているのであれば、小児科に連れていった方が安心できるのではないでしょうか。












赤ちゃんの病院について

基本的に赤ちゃんについては、鼻風邪だけではなく何か感染症になったとしても口で説明する事はできませんので、心配ならば小児科を受診するべきかもしれません。

でも耳鼻科も気になる……という場合には、きな総合病院を選択して、その病院の中で耳鼻科と小児科の両方に受診するといいでしょう。

もしも鼻風邪の症状だけだった場合は、とりあえず耳鼻科だけに行っても問題はないかもしれません。

このように、赤ちゃんの病気というのはひとつの症状だけで病院を決めるのではなく、いくつかの症状をチェックしつつ行く病院を決めるといいでしょう。

病院を決める時もバラバラの分院を選ぶのではなく、できたら大きな総合病院や小児科と耳鼻科が近いところを選んだ方がいいかもしれません。

基本的に赤ちゃんは出産した病院で診てもらうのが一番だとは言いますが、やはり生後半年以上経過したらそれぞれのかかりつけの専門医を探してみてもいいですね。

 

一番良いのは連携ができる事です

いくらお母さんでも赤ちゃんの本当の病気がわからない事だってありますので、できたら病院同士で連携がとれるようにしておくといいかもしれません。

例えば、鼻風邪をひいたとして耳鼻科に行っても、他の症状を医師が発見したら、かかりつけの小児科に行くようにデータをくれるなどですね。

最近では病院同士で情報を提供しあう事もできるようなので、かかりつけの病院と相談をしておくといいでしょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ