赤ちゃんの鼻風邪はうつる?外出は控えた方がいい?

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんだって鼻風邪になってしまう事はあります!

あまり病気にならない印象があるようですが、鼻風邪くらいは保育園や託児所に預かってもらっていれば当たり前です。

ところで最近のお母さんの中には、他の赤ちゃんに病気をうつされたら嫌だな、と思う方が増えてきているように感じるのですが、これも時代なのかもしれません。

中にはそれが原因で付き合いが悪くなってしまう事だってあるようです。

今回は、赤ちゃんの鼻風邪がうつるのかどうかについてをお話していきたいと思います。

赤ちゃんの鼻風邪はうつる!だったらどうすればいいのか?

鼻風邪をひいている人の側で作業などをしていれば、大人だってうつされてしまう事はあるはずですよね。

それは赤ちゃんだって同じ事ですが、一概にうつるから外出しない方がいいのでは?とはなりません。

例えば、同じ赤ちゃんでも赤ちゃん同士で遊べるくらいの月齢だったらうつる可能性はそれだけ高くなるでしょう。

おもちゃを貸し借りしたりするなどをすれば、当然ウィルスに感染する確率も高くなるからですね。

でも眠っている赤ちゃんの場合はどうでしょうか?

確かに感染しやすいかもしれませんが、一緒にいるから必ず感染するという事にはなりませんよね。












外出は控えるべきなのか?

ところで赤ちゃんが鼻風邪をひいた時の外出ですが、他の赤ちゃんやお子さんなどに鼻風邪をうつす事が心配であるのなら、あまり気にする必要はないかもしれません。

赤ちゃんが自分から他の人のところへ行ってくしゃみや唾液をつけたりしなければ、鼻風邪を誰かにうつすなんて事は考えにくいからです。

ただし、くしゃみがひどくて狭い空間に皆がいたら、もしかしたらその中で体調がすぐれない人がうつる可能性はあるかもしれません。

なのでくしゃみや鼻水などの症状や咳が酷かったりした場合で、外出先が密室だったりした場合には行くのをやめてもいいかもしれませんね。

 

症状によっては外出しない方が良い場合も!

鼻水があってくしゃみをするから鼻風邪だと判断するのかもしれませんが、もしかしたら別の病気の可能性だってあります。

アレルギーの症状かもしれませんし、自分の判断でこれは鼻風邪だと決めつけるのは危険ですよね。

もしかしたらまだ他の症状が出ていないだけかもしれませんので、病院に行って調べてもってもいいでしょう。

その目安はくしゃみや鼻水だけではなく、熱があったり咳が出ていたりした場合です。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ