2017年 逆流性食道炎の危機に見舞われている?

2017年の病気のキーワードといえば、 逆流性食道炎なのかもしれません。逆流性食道炎といえば中高年の人たちがなるものと思っている人たちも多いようですが、最近では若い人たちにも逆流性食道炎の症状が多いと言います。

逆流性食道炎ってどんな病気なの?

逆流性食道炎という名前は既に多くの人たちが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

2017年特に若い人たちに注意をして欲しいのがこの逆流性食道炎です。

胃がムカムカしたり、酸っぱい胃酸が喉の奥に上がってくる体験を既に多くの人たちがしています。それはもしかしたら逆流性食道炎なのかもしれません。

胃がムカムカしたり酸っぱい胃酸が

喉の奥に酸っぱい胃酸が喉の奥に上がってきて、 「ウップ……」となる症状が、 呑酸(どんさん) と言います。 それは胃から胃酸が上がってきているから起こることなのです。

更に胃のあたりがムカムカする という胸焼けも充分に逆流性食道炎の可能性があります。

のどの違和感・声がれがある

更に逆流性食道炎の決め手は、のどの違和感・声がれの症状があったりすることです。それも胃酸が原因で、喉に炎症が起こり、更にイガイガを感じたりします。

更にが出たり、口臭が強くなったりということが逆流性食道炎の特徴としてあげることが出来ます。

更に 胸がしめつけられるような痛みを感じるという場合もあります。












重症型逆流性食道炎

逆流性食道炎の恐いところは、そのまま放置しておけば、重症型逆流性食道炎になってしまうリスクが高いことです。

バレット食道

重症型逆流性食道炎になれば、バレット食道などになるリスクも高めてしまうことになります。聞き慣れない名前かもしれませんが、バレット食道の「バレット」とは、この病気を発見した医師の名(ロンドン大学のノーマンバレット医師)から取ったものです。

バレット食道は、 食道の粘膜が胃の粘膜に変化してしまう症状を指します。 こんなに食道が胃酸にまみれているのなら 食道はやがて、胃かも?と勘違いをしてしまうかもしれません。

そのままこの状態を維持し続けることによって、細胞の異変が原因である 食道がん(腺がん)のリスクがとても高まると言われています。

狭窄(きょうさく)

そして、狭窄(きょうさく)になってしまうリスクも高まってしまうことになります。食道に炎症や潰瘍が発生すると、食道の表面の皮膚がひきつり、 食道内がデコボコとなってすぼまって 狭くなってしまうことになります。

更に胃から上がってきた胃酸が食道を強く荒らすと、食道に潰瘍が出来、出血する場合があります。

最後に。

逆流性食道炎を回避するために、2017年しなければならないモチベーションとは、 暴飲暴食を避け、ストレスを抱え込まないことなのです。

2017年それはストレスを発散する方法をひとつふたつ私達は確実に見付けなければならない時代なのです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ