私はひょっとしたら不眠症かも 不眠症の症状と、原因について考えてみた

睡眠障害の中には、不眠症があります。 寝れないということは、夜中までスマートフォンも出来るし、都合がいいことだと思う人たちもいるかもしれませんが、 寝れない程恐怖・苦しみはありません。

もし、このまま寝ることが出来なければ、あなたは死んでしまうかもしれません。しかし、日本人のみなさんも、結構不眠症に悩まされている率が多いと言います。

不眠症とは……睡眠障害について考える

 
睡眠障害にはいろいろあり、その中のひとつが 不眠症ということになります。不眠症は、そのまま眠ることが出来ない症状を言います。 不眠症の症状は眠りが浅いこともあてはまり、寝たとしてもすぐに目が覚めてしまう症状も不眠症です。 早くに目覚めて、そのあと眠ることができない症状もあり、長い間寝ているのに、寝た感じがしない症状があります。

不眠症 それは入眠障害かも……

更に不眠症をジャンル分けすれば、入眠障害かもしれません。それは、布団の中に入ってもなかなか寝ることが出来ない症状を言います。

でも、多くの人たちが、すぐには寝ることが出来ないでしょう。入眠障害という症状の場合では、おおかた、 眠りにつくまでに30分から1時間以上かかるケースを言います。不眠症の中でも、この症状のパターンが多いです。

不眠症 それは中途覚醒かも……

 不眠症だとしても、すぐに寝ることが出来る人たちはいます。しかし、そのような人が、夜中に何度も目を冷ますことがあり、一度目を覚ますとなかなか寝付けないという場合、中途覚醒の可能性があります。高齢者の方々は、中途覚醒の率が高いと言います。

不眠症 それは早期覚醒かも

段々と、本来起床すべき時間よりも早くに目が覚めてしまう 症状を、 早期覚醒と言います。睡眠自体に問題はないと考えることが出来ますが、全体的には睡眠時間が不足している状態です。

高齢者の方々や、うつ病の人たちにはこのような症状が多いと言います。

睡眠障害 それは熟眠障害かも

 
しっかり 寝ているはずなのに、眠った感じがしない のが、 熟眠障害です。一見別に問題ないと考えてしまうのですが、これも睡眠障害であり、比較的軽視されやすい症状です。












不眠症の原因を探る

 
睡眠障害のある程度の症状を知れば、次は原因について究明してみましょう。

ストレスで睡眠障害になる

 
ストレスや緊張、興奮など、現代社会の人たちはこのような問題を多く抱えています。だから、現代人は不眠症になる率を相当抱えていると推測出来ます。

ストレスや緊張、興奮なら、日常生活において、自身で改善方法を見付けることが出来るかもしれません。

客観的に原因を見つめる

 
ストレスや緊張、興奮で睡眠障害が起こる場合、自分を客観的に見るというのが大事です。自分を客観的に見つめるために効果的方法は、紙に一度書きだしてみることです。

そのような方法で、何に対して心理的な影響を受けているのかを自身で把握して、日常生活で役立ててみましょう。

まだまだお話ししなければならないことがありますが、眠くなるまで布団(寝室)に入らないことも結構大事だったりします。寝室に行けば、 眠るというイメージを直接的に結びつける(条件付け)もいい効果を期待出来る方法です。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ