春に心配しなければならないうつ病 対策につい考える

春となれば、進学や就職のシーズンです。 進学や就職のストレスで、春期うつ病になる人たちも急増中と言います。 私達、現代人はかつてほとんど無縁と思われていた、 心療内科と向きあうケースが非常に増えて来ました。

現代社会に向きあう人たちの問題点

現代社会は、そのような厳しい時代なのかもしれません。昔は、これ程までに、人と人が向きあい、 ギスギスしてなかったのかもしれません。会社のコンプライアンスというものもありませんし、これ程までに規則に縛られることもなかったのではないでしょうか。

心療内科の率が高い

心療内科の率が高いということは、それだけうつ病にかかる人たちが増えたということであり、かつ、春にうつ病になる人たちが増加傾向にあると言います。

春と言えば、すぐに思いつくのが、スタートのシーズンです。環境が新しく変わるという人たちも多くいます。そして、 環境に耐えられないという人たちも多く抱えてしまうのが、この季節です。

環境の変化にギリギリ耐えているものの、もうギリギリという うつ病予備軍の人たちも、この現代社会では一杯いるようです。

死にたいとつい思ってしまう……

「不安でしかたない」、「死にたい」、「自分なんて、この世界にとって不必要な存在だ……」なんて、うららかな日につい思ってしまうのです。それは、ストレスと同時期に、今まで厳しい季節に身体が緊張状態だったのが、あたたかい気温に解放されるから、このような思いが出て来てしまうのかもしれません。












春のうつ病の対策について考える

 兎に角、うつ病なんていいことなしです。うつ病によって、性欲も減退すると言います。うつ病を多くの人たちが 「怠け者」扱いにするかもしれません。しかしうつ病の人たちは決して 自分から怠け者になろうなんて思ってないのです。

大事なうつ病早期発見

まず、うつ病対策として大事なのは、自分の考えをプラス志向へともっていくことです。自分は、いつもオープンというモチベーションもとても大事。自分について何でも話しが出来る友だちを、一人でも持っているとかなり強みです。

まず、新しい環境に遭遇するときに、そのような友だちを見付けてみましょう。相手だって、それを求めているのですし、案外難しいことではなかったりします。大事なのは、うつ病になる以前の対策です。

春のうつ病の対策は案外簡単?

 
春のうつ病対策は、案外簡単に出来ると思ってもいいかもしれません。 学校なり職場なりになじむことが出来ればうつ病にならないのですから。

春のうつ病対策は、 やることがあらかじめ判っているので、ならないような努力することは決して難しいことではありません。 季節の中で、一番大事な時期です。意識して向かってみましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ