冬になったら体がパンパン?浮腫みの原因と解消方法は?

冬の浮腫み
寒くなってくると足の浮腫みが悪化したり、顔がパンパンになってしまうという人は少なくありません。
冬になると浮腫みに関係する症状が悪化することは少なくなく、寒い時期特有の現象が原因になっています。
どうすれば冬の浮腫みを改善・予防することが出来るのでしょうか?

冬の浮腫みの原因

冬の浮腫みの原因は多くの場合寒さが影響しています。
寒いと動かなくなったり、水分を摂取しなくなることが多くの場合悪影響を出しています。

運動不足による代謝機能の低下
寒いと外に出ることが減ったり、活動量が減ってきてしまうのはよくあることです。
寒いともとも代謝が落ちやすくなっている所に運動不足が重なると、基礎代謝が著しく低下してしまいます。
代謝が低下すると体内の動きも鈍くなるため、浮腫みや冬太りが発生しやすくなります。

体内の「めぐり」が悪化する
体が冷えたり運動不足になることで血行が悪くなったり、リンパの流れも悪くなります。
老廃物が溜まりやすい状態になるので自然と足など心臓から遠い部分は浮腫みやすくなってしまいます。

水分不足が浮腫みを引き起こす
浮腫みというと水分のとり過ぎが原因と思っている人も多いですが、実は水分不足も浮腫みを引き起こします。
汗を搔かないので冬は経口による水分摂取が無意識に減っています。
これによって体内の水分量が慢性的に不足した状態になっており、血液の流れが悪くなって浮腫みを起こしやすくなるのです。
体を温めるのにも良い温かい飲み物をこまめに摂取し、適切な量の水分を補給してあげるようにしてください。












冬の浮腫みの改善方法は?

冬の浮腫み
冬の浮腫みの原因がわかれば自然と解消方法や予防方法も分かってきます。
基本的には体を温めて、しっかりと水分を取ってあげることが大切ですが同時に運動やマッサージも行いましょう。

体を温める料理が冬は摂りやすい
野菜は体を温めたり代謝をアップするためには欠かせない食材です。
しかし生のままの野菜は体を冷やすので、冬には嬉しい鍋やポトフ、シチューなどの温かい料理として摂取するのが好ましいです。
冬に食べたいと感じる温かい料理の多くは体を温めるので、しっかりと毎日のメニューに組み込むと良いです。

唐辛子にも体を温める作用がありますが、一時的なものですぐに体が冷え始めます。
根本的に冷えを改善して浮腫みも減らすにはバランスの良い温かい食事が良いです。

お風呂でしっかりとマッサージをする
冬は温かいお風呂に長く入る機会が増えるので、その時に浮腫みが気になる部分のマッサージをしっかりと行ってください。
足なら足首から太ももまでを心臓に向けて引っ張るようにマッサージ刷るのが効果的です。
溜まっている水分や老廃物を心臓に戻すことをイメージするとやりやすいかもしれませんね。

寒さに縮こまらずに運動をする
寒いからと行って家で座りっぱなしという状態は下半身を太くしたり、顔をむくませることにつながります。
固くなった筋肉は血流を妨げるので、心臓から離れている部分からどんどん浮腫み始めてしまいます。
屋内で出来るストレッチだけでも効果があるので、頑張って体を動かして筋肉を解してあげてください。

水分補給をしっかりと
体内の水分料がすくないと前述したような浮腫み解消方法を行ってもあまり効果が出ません。
先に白湯やお茶などで体を温めつつ水分を補給し、体内を潤わせてから浮腫みの解消に取り組んでください。
体を温めてから運動やマッサージをすれば効果も出やすくなります。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ