そろそろ熱中症にも注意をしなければならない季節??熱中症は夏だけでない

気象庁の長期予報によれば、4月からの3か月間は暖かい空気に覆われやすく、気持ちのいい春が到来したというものの期間の中ごろから後半を中心に全国的に気温が高くなると予想されています。気象庁は早くから 熱中症に注意するよう呼びかけています。

なんだか、最近、あたたかくなると思えば、気温がすぐに上昇して、居心地のいい春の期間が短すぎという不満もありますが、熱中症にかからないため、嘆いてばかりもいられません。

熱中症は、夏だけでなく、冬だって起こるものであり、 私達は常日頃、熱中症にならないための対策について考える必要があります。

熱中症は春にも注意をしなければならない

まだまだ寒い時期はあるのかもしれませんが、最近では突然気温が上昇することがあり、だから、いつも熱中症について心配している必要があります。

水分を取らない傾向が

 
しばらく季節は冬だったから、私達は油断をして水分をあまり取らないということがあったのではないでしょうか。実際に、冬でも熱中症に対して意識を向けることは大事ですが、冬だから、そのようなモチベーションでも過ごすことは出来たのかもしれません。しかし問題は、そのままの気持ちで春へと突入してしまうことです。

冬の習慣だけが残っていて、水分摂取に意識がないという傾向がとても危険と言います。 体が暖かさになれていないから、夏ほど暑くないとしても、熱中症になるリスクを抱えていたりします。

脱水症と熱中症は違うものなの?

熱中症とともに、夏が近付くにつれ気になる問題が、脱水症 です。脱水症と熱中症を同じものとして捉えている人たちも少なくありません。

熱中症とは、暑い環境の下で、身体機能の適応障害によって起こる症状のことを言います。目眩(目眩)、湿疹、頭痛、気分が悪くなったり、体温の異常な上昇、異常な発汗、汗が出ないというのも熱中症の症状として考えることが出来ます。

熱中症を用心しなければならない理由は、その症状の悪化によって死亡するケースも増えているからです。

一方で脱水症とは、体内の水分量が不足した状態をいい、発熱や、下痢などが原因でおこり、ここに、高温状態での活動が原因としてあり、高温状態での活動の中に、熱中症が含まれて来ます。それは似ているけど違うものとして考える必要があり、熱中症の症状の一つに脱水症状がある と考えてみましょう。












春の熱中症対策

 
えっ、もうそんなシーズンなの……?と思ってしまうのかもしれませんが、やっぱりもう既に熱中症を心配しなければならない時期なのですね。

意外と高い春の熱中症リスク

熱中症をこの時期注意をしなければならない理由として、4月・5月は1日の中での気温差が、1年で最も激しいことをあげることが出来ます。 急激な気温の変化によって体温調節機能が低下し、熱中症のリスクをより以上高めてしまうことになります。

水分補給をする際温度にも気をつけたい

 
こまめに水分補給するモチベーションはとても大事です。しかし多くの人たちがそれを実践しているとして、更に水分補給温度というものに注意をしていただきたいのです。それは、体内への吸収率を上げる必要性のためであり、温度によって、より効率よく深部体温を下げるためにです。

そのとき、水分補給温度は出来るだけ低い方がいいと考えてしまうのかもしれません。しかし、実際にはそうではありません。

理想は、5~15℃の水分補給

 
あまりにも冷たい水分では、下痢して脱水症になってしまうリスクもあります。一番飲みやすい観点よりベストなのは、 5~15℃ の水分補給と言われています。

特にスポーツなどする人たちは、水分補給を意識すると同時に、5~15℃の水分補給を意識して行うようにしたいものです。5℃程度って実際には、それ程生ぬるいものを飲みましょうと言っている訳でもありません。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ